新潟 新潟市の【おそうじ・ごみ屋敷ゴミ処理・リフォーム】ならハウスクリーニングTama Eco Style《タマ エコスタイル》NPO法人日本ハウスクリーニング協会。新潟市内初の認定店。当社では、環境に優しいエコ洗剤を使用し清掃いたします!!にいがたっ子 すこやかパスポート協賛店。ごみ屋敷のゴミ処理清掃・リフォームもお問合せください!!作業地域(中央区・西区・東区・南区・北区・江南区・秋葉区などその他もご相談ください!!

新潟市ハウスクリーニング・新潟市便利屋・新潟市エアコンクリーニング・新潟市換気扇清掃・新潟市墓石清掃・新潟市草刈・新潟市空室クリーニング・新潟市おそうじ・新潟市定期清掃・ハウスクリーニング新潟市・エアコンクリーニング新潟市・換気扇清掃新潟市・墓石清掃新潟市・草刈新潟市・空室クリーニング新潟市・定期清掃新潟市・新潟市格安店・おそうじ新潟市・優良店新潟市・ごみ屋敷ゴミ処理クリーニング・新潟市リフォーム

おそうじ豆知識
前の記事  |  次の記事  ]

おそうじ豆知識  洗剤







 

◆洗剤とは・・・・◆

  洗剤とは、身体以外の物質〔繊維・食器・調理器具・住居・家具〕などの汚れを落とす作用のあるもので
 合成洗剤、洗浄剤、漂白剤、研磨剤に分類されます。


 PHによる洗剤分類

 
主に酸・アルカリの化学作用で汚れを落とすものを、洗浄剤と呼んでいます。

強酸性 弱酸性 中性 弱アルカリ性 強アルカリ性
0~3 3~6 6~8 8~11 11~14
←      → ←      → ←      → ←      → ←      →
ph0 ph3 ph7 ph8 ph14
石灰化した水汚れ。
トイレ・風呂・蛇口等
            油汚れ
分量を調整して使用
 

※塩素系と酸性洗剤は決して混ぜない。
両方使用する際は、塩素系を使用後によく水で流してから酸性洗剤を使用する。


 界面活性剤とは・・・・
 

 
市販されている洗剤のラベルに主成分が表示されていますが、そのほとんどに界面活性剤と言う言葉が
 表示されています。この界面活性剤こそが洗剤の成分の中で、最も洗浄力があるのです。
 
 では、界面活性剤とは何でしょう?普通、水と油は混ざりません。例えばコップの中に水と油を入れたとし
 します。すると水が下に油が上分かれます。この水と油の境目を界面といいます。

 界面活性剤には、水と仲良くなる成分〔親水基〕と油と仲良くなる成分〔親油基〕両方を含んでいます。

 例 ・ 油のついた手を水で洗っても水がはじかれてしまいますが、石鹸をつけると手についた油汚れをと
 る事が出来ます。これが界面活性剤の働きです。

①汚れに吸い付く
界面活性剤の油に
なじむ部分が汚れに
吸い付きます。
②汚れを引き離す
界面活性剤が汚れ
を取り囲み、汚れを
物から引き離す。
③汚れを細かくする。
物から離れた汚れは、
界面活性剤の働きで
どんどん小さな粒にな
って行きます。この汚
れは界面活性剤にと
りかこまれているので
物には付着しません。
④すすぐ、または
拭き取る。
汚れの無くなった状態
です。
    

 界面活性剤の4つの性質

1・浸透作用

水だけでは汚れに浸透できないものでも、界面活性剤を加える事によって簡単に入っていく力が加わる。
2・乳化作用

水と油は混ざらないが、界面活性剤を加えるとその親油基が油の粒子に吸着する為、油は界面活性剤の
分子に取り囲まれ、水中に散らばって水と混ざり合った状態となる。
 
3・分散作用

汚れを界面活性剤の分子が取り囲み、細かな粒子にし散らばす作用があります。
        
 
4・再付着防止作用

3の分散作用により、汚れが再び付きにくくなる作用をいいます。
 
ハウスクリーニングならTama Eco Style
ご予約時に、利用をお伝えください。